韓国最大の港湾都市「釜山(プサン)」
 JPN-WORLD.COM>>韓国TOP>>釜山>>40階段文化観光テーマ通り

  
見る>>
1950・60年代当時の生活を像で再現した「40階段文化観光テーマ通り」

  ■インフォメーション

 ・韓国語表記 40계단문화관광테마거리
読み:サシッpケダンムナ クァングァンテマゴリ
40階段文化観光テーマ通り
 ・オススメ度 歴史好きなら★★★★★
 ・観光所要時間 25分
 ・住所(日本語) 釜山市広域市中区中央洞4街27~53
 ・住所(韓国語) 부산광역시 중구 중앙동4가27~53
 ・最寄駅 地下鉄1号線「中央」駅11番出口または13番出口よりすぐ
 ・営業時間 24時間
 ・入場料 無料
 ・公式HP なし
 ・Google地図 https://goo.gl/maps/C8e6gtBidST2
 ・ロードビュー
 (Daum地図
http://dmaps.kr/r933 ※周辺の風景を確認できます。
※住所、営業時間、入場料については公式HPやガイドブック(旅行サイト)を参照にしていますが、変更になっている場合や入力ミスも考えられるのでご自身でも再度確認することをお勧めします。電話番号につきましてもご自身で確認下さい。

  ■紹介
【1950年代・60年代当時の生活を像で再現した通り】
2004年に釜山市が事業費3億ウォンを投じて造成した40階段文化観光テーマ通りは、1950年代・60年代当時の生活を、像や石碑などで再現した40階段一帯の通り(
石碑の説明では国民銀行中央洞支店から40階段を経て、40階段文化館と八星観光会社に至るまで)で、韓国の美しい道100選にも選ばれています。

1950年に始まった朝鮮戦争(韓国では韓国戦争と表現)の際には、40階段一帯が避難場所として利用されていた他、当時、通信網が発達していなかったことから、40階段を再会の場所として利用もされていたそうです。

通りの中は、当時の生活を回想できるように「汽車レール通り」「海岸通り」という2つのテーマに分けられており、多くの像や石碑が設置され、釜山の歴史を語る上では欠かせないスポットの一つになっているので、釜山の歴史に興味がある方は、40階段文化館と共に必見です。

交通のアクセスは地下鉄1号線「中央」駅の11番出口もしくは13番出口のどちらでもよいですが、13番出口からの方が出てすぐのところに、大きな案内があるので分かりやすいと思います。

※参考文献『現地にある案内板』

  ■フォトギャラリー
40階段文化観光テーマ通りの案内
地下鉄1号線「中央」駅13番出口すぐのところにある案内です(2014年10月撮影)

アップにして撮影した40階段文化観光テーマ通りの案内
アップにして撮影した案内です(2014年10月撮影)


路面電車を再現したオブジェです(2014年10月撮影)

釜山駅を描いた石碑
釜山駅を描いた石碑です(2014年10月撮影)

「お父さんの休息」という像
「お父さんの休息」と名付けられた像です(2014年10月撮影)

水桶を担いだ子供と名付けられた像
「水桶を担いだ子供」と名付けられた像です(2014年10月撮影)

蒸気機関車を描いた石碑
蒸気機関車を描いた石碑です(2014年10月撮影)

ポン菓子職人と子供の銅像
「ポン菓子職人と子供」の銅像です(2016年6月撮影)

40階段
40階段です(2016年6月撮影)

40階段記念碑
40階段記念碑です(2016年6月撮影)


[記事作成日]2017年2月7日

※2016年6月、2014年6月に訪れた時の体験を基に作成しています。














JPN-WORLD.COM   FAQ   お問い合わせ

Copyright(c) jpn-world.com all rights reserved. 2017