ブログ名を変更しました

これまで長らく「東京五輪までにマルチリンガル!」として当ブログを運営していましたが、本日を持ちまして「志高く!」へと変更することにいたしました。

ブログ名を変えた理由ですが、よくよく考えてみると、東京五輪を目標にすることに何の意味があるのだろうと思うようになりました。

確かに時期を定めて目標を立てることは、それまでに成し遂げようという思いも生まれ、重要なことだとは思います。

ただ、私にとって東京五輪はあくまでも東京五輪を見る(テレビで笑)という娯楽でしかなく、それまでに成し遂げなければならない理由はなく、東京五輪までに何かをやろうという響きの良さだけで、「東京五輪までにマルチリンガル!」という名前にしていたというのが正直なところでした。

また、もともとの趣旨であった「英語と韓国語の上級者を目指すために始めた日記」のうちの英語については、現在ほとんどトレーニングをしておらず、サブタイトルとも内容が合わない状況になっていました。

そういったこともあり、変更することにしました。

さて、今後についてですが、旅行中でも更新しやすいWordPressの特徴を活かすため、私の描いている3つビジョンの実現を目指した自分自身のためのブログにし、もっと頻繁に更新して活用していくつもりでいます。

なお、その3つのビジョンに関しては次回のブログで書きたいと思います。

今回は名前を変えてから初めての投稿ということもあり、「志高く!」という名前にした理由について簡単に書き、今日は終わろうと思います。

実はこの「志高く!」という言葉は、YouTubeにアップされている以下の孫正義氏が述べている言葉からとりました。

「孫正義 「志」を高く持つことの大切さを若者に語るhttps://www.youtube.com/watch?v=vA7a9tQl45A

下記はその動画で孫正義氏が述べている内容を書き起こしたものですが、一部ケバを省いたり、一部飛ばして書き起こしたものもあるので、一字一句同じではありません。

「自分の持った夢に自分の人生はおおむね比例する、結果を生むと。だから、小さな夢だったら、その夢の範囲の中で80%達成できるのか、50%なのかと。やっぱり、夢はできるだけでかい夢を持ったほうがいいじゃないかと。」

「その夢を達成できる人とできない人の唯一の違いは、その夢をどのくらい心の底から自分が達成したいと。すごい強い決意をし、それの夢の達成に向かって恐ろしいまでの情熱で努力をしたかということだと思うんですね。」

「その夢の大きさは金額的な大きさでなくていいと思うんですよね。世界一、おいしいパンケーキを作れる人間になりたいということだって、でっかい夢だと思うんですよね。」

「世界一上手にピアノが弾けるようになりたい、これもでっかい夢だと思うし、自分しか弾けない曲をつくりたいということだって・・・」

「僕は画家にもなりたかったんですよ。しかも貧乏画家ね。展覧会に出して有名になるとか、画商を通じて高い絵を売れるという画家を目指すより、世の中の常識と関係なしに自分が一番納得する、自分が一番描きたい絵。それでも僕はものすごい素晴らしいでっかい夢だと思うんですよね。」

「どんな夢であれ、夢を描き、それがある種の自分の人生に対するビジョンだと思うんですよね。そういう自分の夢も明確に持たずに、自分の人生に対するビジョンも持たずに、ただ生きていくためにどっかで給料をもらいにいくと。でも現状、それしか仕方ないじゃんと言っている間に人生はあっという間に終わるから。あっという間ですよ。本当に。あっという間に50代、60代になると。」

「そうは言うけど現実はこうだから、そんな夢物語ばかり語ってもだめ。とりあえず目先の現実を踏まえてとか言ってる人ほど、その現実の世界から逃れられないまま人生が終わる場合が多いと」

「現実が厳しいからこそ自分の夢を、自分の人生に対するビジョンを僕はしっかり持つべきじゃないかなと。」

「志高く。」

私も常に目標を持って生活をしていますが、その思いを強くさせてくれるのがこの動画であり、この動画の存在を3か月前に知ってから、今でも時々みて力にしています。

そういった背景や「志高く!」という言葉がこの動画をみて好きになったということもあり、その言葉をブログ名にすることにしました。

さて、もうすぐ24時になってしまうので、今回はここまでにします。

2019/10/02 23:53

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

カテゴリー

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント