人生における三つのビジョン② ~HP拡大~

約2週間ほど日にちが空いてしまいましたが、前回は人生におけるビジョン①として「資産増強」について書きました。

今回の日記では、人生におけるビジョン②として、HP(ホームページ)の拡大について書いていきたいと思います。

まず、私が初めてホームページを開設したのは、2004年6月のことで、もう15年以上も前のことになります。当時はインフォシークのスペースを使用し、ゴールデンロード劇場という名で運営していましたが、2006年2月に独自ドメインを取得し、現在のJPN-WORLD.COMの名で再スタートを切りました。

その後の細かい経緯は省略しますが、現在の年間のPV数は、直近3年間でみると年間20万PV以上は達成できているものの、今年は海外旅行情報部門のデータの劣化もあり、韓国以外の地域のPV数が大幅に減少しているため、年間の20万PVも困難な状況です。

正直なところ、韓国と台湾以外の地域へはもう訪問する予定もないので、今後もPV数が回復することはないと思っています。

ただ、これで終わりではなく、韓国に関しては現時点の予定ではありますが、2019年1月12日にKOREA-WORLD.PROという新しいサイトをオープンいたします。

また、これはまだまだ先の話ですが、KOREA-WORLD.PROが自分のイメージ通りに描き切ることができた場合には、新たにTAIWAN-WORLD.PROを立ち上げる可能性もあります。

なお、KOREA-WORLD.PROに関しては、非常に壮大な構想になっています。公開直後おいては、これまでJPN-WORLD.COMで公開してきた情報をもとに、法人があまり手をつけていない情報量が少ない地方の旅情報が主要なコンテンツとなる予定ではありますが、ある程度自分の納得できる質と量に達し、日韓関係が落ち着けば、本気で慶南尚道など韓国南東部の現地の広報などの機関へも宣伝するつもりでもいます。

ただ、この新サイトでは旅情報だけに特化した内容で終わらせるつもりはなく、旅情報以上にPV数を伸ばす可能性を秘めたコンテンツを作成する予定でもおります。そのコンテンツについて、ここで少しだけ公開しますが、実は10年以上前から『韓国の現地人100人から学ぶ韓国語講座』というタイトルの本を出したいくらい、自分の中で温めていたアイデアがありました。

しかし、その当時のアイデアについては、YOUTUBEが普及し、韓国に住む日本語の上手な現地人が自ら日本人向けに韓国語講座を配信するいわゆるユーチューバーが出てきたため、それをホームページ上で作成することも断念しましたが、未だに韓国語を勉強する上である「隙間」が存在しています。

私も独学ではありますが、長らく韓国語に触れてきてはいるものの、どうしてもその「隙間」を埋めることができません。

また、現在Google翻訳をはじめ、日本語を韓国語に変換してくれるサイトが多く存在していますが、私が頻繁に韓国語に触れるようになった2006年の当時から、13年もの月日が流れているにも関わらず、未だに正しく変換されないことがよくあります。そのため、そのまま韓国人に翻訳したメッセージを送っても、誤解が生じることもあるため、ウェブ上での翻訳という機能を信用しきれないというのが現状です。

私は日常会話レベルで明らかにおかしい文章はある程度、意味が通じるように修正をすることはできるものの、その修正した内容の全てが現地の人にとって自然な文章かどうかまでの確信が持てません。

その確信が持てない理由は、いくら勉強しているといっても、私は韓国に住んだこともなく、生まれも育ちも日本であり、母国語も日本語であるためです。

もちろん、韓国人からみて私が外国人であるということを踏まえれば、意味が伝わり、コミュニケーションができればそれでいいという見方もありますが、やはり私は自然な文章でやりとりしたいという理想も持っています

つまり、私が先ほどの述べた「隙間」というのは、「母国語としての韓国語」と「外国語としての韓国語」の間にある差のことを指していますが、私が新サイトで作成する予定の新しいコンテンツでは、その差を極力埋めることを目的とします。

その手法についてはまだ非公開ですが、現在私の構想と近い手法で公開しているサイトは一つだけあります。ただ、そのサイトでは回答が英語であったり、違う言語を翻訳機で日本語に変換されて回答されていたりするなどしているため、「隙間」だらけといっても過言ではなく、信頼性という面でいえば、ある意味で翻訳機となんら変わりがないともいえます。

そのため、私は日本語と韓国語に特化し、かつ一度は断念した『韓国の現地人100人から学ぶ韓国語講座』のアイデアをもとにして作成していく予定です。確かにこの10年間でYOUTUBEが台頭しましたが、それと同時に数多くのアプリも登場したため、逆に瞬間的に先生になってくれる韓国人はすぐに見つけることができる状況にもあります。

なお、これはネタが無限に作成できるコンテンツでもあるので、ネタに困ることもありません。

さらにKOREA-WORLD.PROのPV数がある程度伸び、そこそこの人たちに認知されたあとは、そのサイト名を使い、若い世代の人たちの間で起きている第三次韓流ブームを利用したあることを行う予定です。ちなみにそれはKOREA-WORLD.PROの名前を使わずに、来月からでもやろうと思えばできますが、信頼性という点でKOREA-WORLD.PROの名があったほうがよいので、現時点では新サイトでPV数が伸びた後に行うことを予定しています。詳細については、いずれ公開する予定でいますが、どちらかというと前回の資産増強に関わる内容になります。

今回の日記は、新サイトの内容がメインにはなってしまいましたが、それぐらい新サイトには力を入れる予定であり、私がイメージしている通りに描き切れれば、おそらくPV数ではJPN-WORLD.COMを大きく超えていくだろうと思っています。もちろんJPN-WORLD.COMも放置するつもりはなく、両サイトともアフィリエイトという面においても相乗効果を図っていく予定でもいるので、共に発展させていけるように取り組む予定でいます。

以上のようにHPの拡大について書いてきましたが、私にとってHPの作成は趣味の一つに過ぎませんが、その中でも最も力を入れている本気の趣味の一つでもあります。また、いかに隙間を突いて拡大させていくかを考えること自体も楽しいですし、HPを作るための情報収集を目的に旅をするというのもセットにもなっているので、今後もやめることはないでしょう。そういったことからもHPの拡大を、私にとっては欠かすことのできない人生におけるビジョンの一つとして掲げています。

最後に日韓関係が最悪な状況の時期にKOREA-WORLD.PROをオープンする背景についても簡単に書いておきます。意図そのものは以前に「新サイト「KOREA-WORLD.PRO」開設予定のお知らせ」にて書いた通りなのでここでは省略しますが、私がターゲットにしているのは、あくまでも日本から韓国へ行く旅行者です。

今般、不買運動などもあり、韓国から日本へ来る人は大幅に減少していますが、逆に日本から韓国へ行く人は、若い世代による第三次韓流ブームの影響もあり、今年の6月~8月の訪韓日本人の数(韓国法務部発表)は、関係が悪化した7月~8月の期間を含んでいるにも関わらず、前年同期比で13.6%増えているというデータもあります。

ここまで関係が悪化し、騒がれたにも関わらず、増加しているという現象には正直、私も驚いていますが、こういった背景を踏まえると、躊躇する必要は何らなく、むしろもっと早くに新サイトを公開すべきであるとさえ思っています。

少し長くはなりましたが、今回の日記は以上です。

2019/10/19 10:29

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント